腰痛・ヘルニア

骨盤正すと腰痛は改善する

「骨盤を正す」 と腰痛は改善する可能性が高いのです。

更に言えば腰痛のみならず、様々な病気の改善にも大きく関わります。

では、「骨盤を正す」ということは具体的にはどういうことなのでしょうか。

骨盤のズレている状態というのは、腰の左右に2ヶ所ある“仙腸関節”が左右対称でない状態をいいます。

腰痛持ちの方の“仙腸関節”はほぼ100%左右対称ではありません。

これを左右対称にするのが「骨盤を正す」ということです。

“仙腸関節”というは言葉はほとんどの方が初めて耳にされる言葉だと思います。

しかし、健康維持の上で他の関節とは比べ物にならないほど重要な関節なのです。

腰痛の90%以上は仙腸関節の変位(ズレ)が原因であるという専門家もいます。

ただ、問題は仙腸関節がズレているということがわかったとしても、そのズレをいかにして取り除くかということになります。

「骨盤がズレているからズレを取ります」と言って施術をする治療院は多いものです。

しかし、私の経験上、実際にはズレが取れていないケースが、多いように思われます。

その点に【骨盤調整法】はとことんこだわって、骨盤を芯から動かしていきます。

ただ、慢性化した骨盤のズレは、一旦ズレが取れたとしてもまた悪い位置に戻ろうとします。

それを防止するための対策がどうしても必要になります。

それが【ゴムバンド運動】です。骨盤調整法のオリジナルの療法です。

また、子宮や卵巣を収納している女性の骨盤は出産に備えて開きやすい構造になっており、無理な姿勢による負担や周囲の筋肉のアンバランス、

さらにはストレスや生活習慣の乱れによって歪みやすくなっています。

骨盤が歪むことにより骨盤内の大動脈や静脈、リンパは圧迫を受け、冷えやむくみの原因となります。

また、代謝能力が低下し、脂肪がつきやすくなります。

さらに、歪みにより内臓がねじれて血行が阻害され便秘や胃腸の不調、生理不順や重い生理痛の原因となります。

からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528