肩コリ、四十肩・五十肩

からだバランス整体院トップ > 肩コリ、四十肩・五十肩

肩コリ、四十肩・五十肩 

40肩・50肩は激しい痛みをともなう為に日常生活に大いに支障をきたす症状です。

40肩・50肩は肩関節だけに問題があるのではありません。

この症状では、身体の表(胸面)と裏(背面)の表裏で異常が起こります。まず胸面では“胸鎖関節”という関節がズレを起して癒着します。

こうなると首すじ~胸の上部・肩の筋肉が萎縮して肩関節に炎症を起こします。

次に背面では骨盤がズレて背筋群が萎縮します。肩の背面には背筋群が張り付いています。

この筋肉が萎縮して肩関節に炎症を起こします。このように肩関節の表裏両面で炎症を起こす要素がそろって激しい痛みとなります。

治療としてはまず骨盤~背中~肩すじの筋肉の萎縮を取ります。その後、胸鎖関節の癒着をはがした上で、炎症を起こしている肩関節自体の硬直を取り除きます。

肩関節の硬直が取れて可動域が増すと血流も改善されて炎症も自然とおさまっていきます。

cimg1747.JPG

からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528