自律神経失調症

自律神経失調症とは?

cimg1758.JPG cimg1759-0.JPG 1203.jpg cimg1781.JPG

自律神経は呼吸、消化、血圧、免疫機能等の生命活動を維持する上で必要不可欠な働きを行っています。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。

‘自律神経失調症’とは活動時に活性化する交感神経と休息時に活性化する副交感神経の連携がうまくいかず、呼吸・消化・血圧等の生命活動にかかわる機能に変調をきたす症状のことを言います。

正常であれば、交感神経と副交感神経はシーソーのように、どちらかが強く働けばもう一方は弱くなるといったように交互にバランスをとりながら働いています。

交感神経と副交感神経の活動割合は正常な場合、半々か6:4程度でやや交感神経が優位ですが、自律神経失調症の状態では極端な場合9:1程度で交感神経が優位になりすぎていることもあります。このような状態では様々な症状が引き起こされます。

身体に何らかの症状があるのは自律神経が正常に機能していないということです。自律神経が正常に機能していれば身体に不快な症状はないはずです。

問題は身体に継続的に苦痛を感じるような慢性疾患がある場合です。

そのような状態では自律神経の失調の度合いが激しいと言わざるをえません。

この1番目の理由はよく言われていますが“ストレス”です。肉体的、精神的ストレスです。

2番目の理由は一般にはほとんど言われていませんが、骨格のゆがみです。

特に骨盤の歪みが原因でに起こる背骨の歪みです。

ゆがんだ背骨が直接自律神経を圧迫してしまうのです。

自律神経の失調度 チェック

  1. 肩こりや腰痛がなかなか治らない
  2. 朝、起きる時に疲れが取れてないのを感じる。
  3. 眠りが浅い
  4. よく夢を見る(怖い夢、逃げる夢など)
  5. 朝、新聞を読む気がしない。読んでも頭に内容が残らない
  6. 休みはゴロゴロしていたい
  7. 何事にもやる気が出ない
  8. 記憶力、集中力が落ちた感じがする。
  9. めまいや難聴、耳鳴りのするときがある。
  10. 胸がザワザワする感じ(不安感)が突然襲ってくる。
  11. 息苦しくなることがある
  12. 胃の調子が悪いときが多い。
  13. よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す
  14. 冷え(特に足先)が取れない
  15. 汗をかきにくい
  16. 気候の変化に弱い
  17. 人とあまり会いたくない

自律神経と骨盤のかかわり

背骨の左右にある孔(あな)から自律神経は出て内臓器や体の末端に伸びています。

骨盤が歪むとその上にのっている背骨はS字を描くようにゆがみます。背骨がゆがむとその周りの筋肉・靭帯は硬化します。

すると、それに伴って自律神経も背骨の出口付近で圧迫を受けてしまいます。

背骨の両側にある孔から出た自律神経がどの内臓器を司るかというのは決まっています。

例えば、呼吸器系(肺や気管支)は胸椎の3・4番が司っていて、喘息や気管支炎などの呼吸障害を患っている人は胸椎の3・4番あたりの背骨周辺が硬く、その部分の骨が飛び出しています。

胃、脾臓は胸椎の5・6番が司っています。胃に障害がある人はこの胸椎の飛び出しがあり、その周囲は固まってしこり状態になっています。

このように自律神経の障害と骨格のズレは密接な関係があります。

重要なことがあります。骨格がズレるとそのこと自体がストレスとなって脳に伝えられます。

この内的ストレスは自律神経失調症を進めてしまいます。

しかし、骨格のズレは手当て次第で取り除くことができます。

まずは骨格へアプローチして内的ストレスを取り除くことが必要です。

冷え性は解消する

結論から言います。

‘冷え性’は漢方薬や様々な温熱療法での克服が試みられていますが、なかなか成果は上がっていないようです。

しかし、当院のほとんどの患者さんは‘冷え性’から解放されています。

ストレスのかかることが多い現代社会では、自律神経に乱れが生じて交感神経が緊張しっ放しであることが実に多いようです。

つまり常に戦闘状態です。ひどい状態では眠っている時も戦闘状態の方もいらしゃいます。

この状態では血管は閉じて細くなっています。

末端の血管が閉じたままの状態が長期におよべば手、足は慢性的な冷え性になります。特に足先の冷えは非常に不快なものです。

また、自律神経の乱れだけでなく、骨盤のズレも‘冷え性’の大きな要因です。

骨盤がズレると脚の付け根の部分(ソケイ部)で動脈血管が圧迫を受けて血管の‘詰まり’が起こります。そうなると足先への血流量が不足します。

また、両足の付け根で起こる血管の圧迫は左右均等ではありません。血流量にも左右差かあり、血流量の少ないほうが当然温度も低くなっています。

足は第2の心臓と言われますが、足が冷えているという事は、この第2の心臓(ポンプ)が正常に機能していないという事になります。

こうなると老廃物を多く含んでいる静脈血・リンパ液は心臓に戻るることを妨げられ足先、ふくらはぎにたまりやすくなります。汚れた血液が足先に溜まったままであるので、温かく新鮮な動脈血が流れ込みにくくなります。

足先の冷えが長期間続くと、体幹部分の体温も下がってきます。いわゆる低体温です。

このストレス社会では体温が35℃台前半の人も少なくありません。こうなると内臓器やホルモンの分泌に支障が出てきます。

対策として全身の血流を促進する【骨盤調整法】のほかに“ゴム巻き運動”が極めて有効です。

私の知る限り、最良の‘足の冷え’取りの手段です。

ゴムを巻いた状態からそれをほどくと一気に動脈血が足先の細くなった血管に流れ込み、血管を拡張させます。

そして、うっ血している静脈血やリンパ液をを心臓へと送り返してくれます。

これをやれば、それまでにない足先の温かみを感じることになると思います。

cimg1675.JPG

体験談

福岡市内 O・Mさん(女性) 20代 介護士

私はひどい冷え性で悩んだ時期がありました。

23才頃から急に足が冷え始め、冬になると分厚い靴下が欠かせなくて寝る時にも履いていました。お風呂から上がってすぐ靴下を履いても、寝る時にはもう冷たくなっていて、布団の中で揉んだり、さすったり、太ももの辺りに足を当ててみたり、一度冷えてしまうと何をしても温かくならなくて,なかなか寝付けませんでした。

病院から血管を拡張させて血行をよくする薬というのを頂いて飲んだ事もありましたが、全く効果もなく、アンカの代わりにペットボトルにお湯を入れて冬をしのいでいました。

治療所に通い始め、先生より骨盤調整の治療をして頂き、足のゴム巻き(自己療法)を教えて頂きました。
始めは足のゴム巻きの効果が出来なかったのですが、治療とゴム巻きを続けていくうちに、足がだんだんと温かくなるのが分かる様になり、治療を始めた年の冬はもうビックリです。

寝る時に少し足が冷えているなと思っていても、布団の中で軽くさするとポカポカするようになりました。
冷え性が治るとは思いませんでした。本当に嬉しいです。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

福津市 M・Hさん(女性) 61才

以前は寝る前に熱いお風呂に入り、足を温めないと眠れませんでしたが、治療に通うにつれて、足の冷たいのがだんだん薄れていき、今はお風呂に入らなくても、足元の暖かさを心地よく感じながら眠っています。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

福岡市内 平野恵子さん(女性) 41才 主婦

15年程前から、冷え性・腰痛・肩こりで悩んでいました。
こちらの治療所との出会いは私にとって、とても大きいものでした。

治療も勿論ですが、何より日常生活を見直す良いキッカケとなったのです。
何気なくしている姿勢や食生活、等々・・・。
気をつけて生活をし始めてから、より一層、自分の身体を大切に思える様になりました。大切なのは、大きな努力ではなく、小さな努力の積み重ねなのだと思います。

また、治療以外でゴムバンドを使っての血流改善や体操等を教えて頂けるので、改善に向かうのが早いと思います。
自分の努力が成果となって表れるのは嬉しい事です。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

生理痛・婦人科病

  • 生理痛・生理不順・子宮内膜症・子宮筋腫・無月経・不妊症

生理痛や生理不順は骨盤のズレがある方には頻発する症状です。

女性で腰痛の症状がある方の多くは生理痛を併発しているという事実があります。

特定の症状(腰痛等)が無い方でも、生理痛や生理不順がある方は骨盤のズレがその直接の原因であることが大いに考えられます。

骨盤のズレによって、男性は腰痛のリスクが高まりますが、女性の場合は腰痛、生理痛どちらのリスクも高まります。

骨盤の内側に収まっている子宮・卵巣は骨盤のズレによる血流障害をまともに受けます。

女性の場合、子宮・卵巣の血流障害が起こるとホルモンの分泌に異常をきたします。

女性の方が男性よりも骨盤のズレの悪影響を受けやすいと言えます。

当院で受診される女性(当院の7割以上は女性の患者さんです)で腰痛を訴える方の多くが、生理痛を併発されているという事実があります。

体験談

福岡市内 K・Tさん(女性) 27才 OL

19の頃から腰痛が始まり、しばらく放ったらかしにしていたこともあって、ここに治療に来るときは、夕方になると横になってしまう程でした。

最初は週1~2回通っていましたが、1ヶ月もたたないうちに、だいぶ楽になり1日を通して横になることもなく過ごせるようになりました。

また腰痛がひどかった頃は生理痛もあり、痛み止めの薬を飲むことが当たり前になっていました。しかし、それも腰痛が改善するとともに良くなっていき、今では薬を飲む必要もない程になりました。

ここの治療院の一番好きなところは、”治療したら終わり”ではなく、家でできる体操や動作のクセを診て、体の動かし方などを指導していただけるところです。そのお陰で、

最初のうちは頻繁に通っていても、だんだんと治療の間隔をあけても体がもつようになりました。
体が変わってくると気持ちも前向きになり、自分でも以前に比べて心身ともに健康になったなと実感しています。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

糟屋郡 N・Tさん(女性) 39才 事務手伝い

以前は生理痛がひどく、下半身が痺れて起きていられない状態でした。
横になる事が多かったです。

治療に定期的に通うようになって痺れがなくなりました。
起きて普通に仕事が出来るようになりました。

これからも定期的に通いたいと思います。よろしくお願い致します。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

アトピー・花粉症

アトピー性皮膚炎には様々な原因が考えられますが、その一つに体温の低下があります。

ステロイド剤の使用による血流量の抑制が理由の場合もあります。慢性的な低体温はぜひとも改善しなければなりません。

また、アトピーの方は身体の各関節の動きが悪いという傾向にあります。

アトピーは体内での代謝機能に異常がありますが、自律神経の失調がその背景にあります。

自律神経の機能を整えて体温調整、消化、排泄、発汗、睡眠の状態を正常に戻す必要があります。

特定物質に対するアトピーの場合、アレルゲンの排除も必要でしょうが、それは根本対策ではありません。

骨盤、骨格をゆがみのない状態することによって自律神経の働きをより正常な状態に戻すことこそ根本的な対策です。

実は骨盤・骨格の調整そのものが体質改善を促進するのです。【骨盤調整法】を施した後に血液の状態を調べると質的な変化がみられることがあります。

骨盤調整は‘腰の痛み’や‘肩の凝り’のような症状には効果があるかもしれないが、身体全体にわたって起こる皮膚の症状には期待できない治療法だとお考えの方も多いでしょう。

しかし、‘皮膚炎’であれ‘腰痛’であれ症状を改善させるのは、いわゆる“自然治癒力”です。その力は身体の深部から皮膚表面まで身体の全てに及びます。

【骨盤調整法】は“自然治癒力”を引き上げることを第一の目的とし、また最終の目的としています。

アトピー性皮膚炎には様々な治療法があります。

食事療法、栄養補助食品、光線療法、温熱療法、温泉療法、発汗療法、各種デトックス機器等々。

何をしても効果がでない場合や効果の低い場合はまず骨格を整えることから始めてみてください。

“骨格を整えること”は様々な治療法の土台となると考えています。

つまり、“骨格を整える”ということは、弱ってしまった身体を各種の治療法を受け入れることが出来る状態にまで引き上げるということです。

骨格を整えてから行う各治療法は効果がより高まるでしょう。

また、ゴムバンド体操によって皮膚表面の新陳代謝を促していきます。

そして、骨盤・骨格の操作とゴムバンドの併用による相乗効果をもって体質改善をより促していきます。

‘花粉症’は今や完全な国民病となってしまいました。

当院では花粉症がいつの間にかおさまったという報告を受けることがよくあります。

そのように報告される方々にとって、花粉症まで改善するということは予期せぬ出来事であったようです。

‘腰痛’や‘肩凝り’の治療を受けに来て‘花粉症’までおさまるとは思われていないようです。

しかし、「骨盤調整のほかには何も治療はしていないから骨盤調整が効いたとしか考えようがない」などと言われます。

そして、実際に【骨盤調整法】は‘花粉症’に作用します。

【骨盤調整法】は機能低下を起こした自律神経の機能を引き上げます。‘花粉症’は正に自律神経失調症の典型症状です。

具体的な施術ポイントとして、花粉症の方は首筋から肩にかけて筋肉の硬直が激しい傾向にあります。

この部分の硬直を取り除いて、頸椎(首の骨)のゆがみを取り除くと頭部の血流は改善されて、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、涙目等の症状は改善に向かいます。

また同時に胸部(胸の背中側)の弾力も失われがちです。アレルギー病に関係の深いホルモンを産生する「副腎」の機能を司る胸椎の11番~12番の周囲に弾力を与え、本来の位置に胸椎を戻すと、アレルギー体質は快方に向かいます。

このように‘骨格の歪み’は‘花粉症’に深く関わっています。

しかし、ほとんどの方が対症療法に終始してあるように見受けられます。

マスク、ゴーグル、点眼薬、点鼻薬、健康食品等々。対症療法では毎年同じことの繰り返しではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎も花粉症も身体の内側からじわじわと‘免疫力’が落ちていって発症する症状です。

それには身体の内側からじわじわと‘免疫力’を上げることによって対応するのが根本治療であると考えます。

体験談

遠賀郡 楽天家さん(女性) 51歳 

私は、数年前からひどいアトピー性皮膚炎に悩まされています。痒みが出る為に食べるものも思うように摂れず、夜も眠れず、シーツには毎晩血が滲み、皮膚屑が落ち、精神的にも辛い日々を過ごしていました。掻いた後はジクジクして痛みもきますので、お風呂に入るのも苦痛で一日中痛痒い状態です。

病院に行ってもステロイドを出されるだけですし、そのステロイドで余計に身体を冷やしたり、血行を悪くして悪化したような気がします。

このような状態でも辛抱できたのは、骨盤調整を受けていたからだと思います。骨盤調整の久保田先生には以前からお世話になっていて、骨盤と全骨格を正し血流を良くすることが、どんなに大切なことか実感していましたので、いろいろ相談に乗っていただきました。また先生は患者の考えも良く聴いて尊重して下さり、その上でアドバイスして下さるので、大変ありがたく、とても信頼しています。まだ痒みはありますが、少しずつ回復していっています。これからも全身の血液が滞るところがないよう骨盤調整を受け続けたいと思います。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

胃弱・便秘

便秘と胃腸障害は骨盤のズレと直接関係しています。

特に大腸は骨盤の中にすっぽりと収まっています。

‘便秘’は大腸の反射機能が衰えた状態で自律神経失調症の代表的症状です。

腸の働きが正常であれば、排便のための刺激を腸管が受けると、その反射により腸が蠕動運動(尺取り虫のような動き)を起こすのですが、その反射運動が起こりにくくなる状態が‘便秘’です。

ストレスの多い現代社会では消化管に血液が集まりにくくなっています。

【骨盤調整法】は副交感神経に作用する療法です。

つまり身体をリラックス状態に導く治療法です。

具体的な治療法として、骨盤、特に排便の反射中枢がある仙骨周りにアプローチします。

更に腹部をマッサージして直接刺激を腸管に加えます。腸管をマッサージすることにより腸管に血液を呼び込みます。

また、腸の便が溜まりやすい部分を直接刺激して反射を促します。

更にゴムバンド療法による便秘対策の方法をお教えします。

検査しても異常は出ないが

  • 眠りが浅い、きつい、だるい、全身倦怠、やる気が起こらない、思考力低下、呼吸が浅い、風邪をひきやすい

上記のような症状、不定愁訴とも呼ばれています。

不調を感じて、何か異常があるはずだと思い検査はするものの、「特に異常無し」ということを告げられる。しかし、本人としてはツラくて仕方がない、というケースはよくあります。

このような状態は免疫力が低下している状態です。

最近よくみられる‘半病’の状態です。放っておいても改善はしにくいものです。

半病の状態は骨格がズレ、自律神経失調症となっていることがほとんどです。

筋肉をほぐして骨格を整え、関節を動きやすい状態にすると全身の血流量は増加して自律神経は本来の働きを回復して、免疫力は向上します。

免疫力が向上すると半病の状態は自然と快方へ向うものです。

この症状は【骨盤調整法】が得意とする症状の一つです。

からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528