椎間板ヘルニア

ヘルニアの痛みの正体は

2008.jpg
                     

ヘルニアの痛みのは、一般的には骨と骨の間のクッション材である椎間板の中の軟骨が飛び出し、それが脊髄神経を圧迫して起こると説明されています。

しかし、実際にMRIの画像をみてみると、ヘルニアの突び出しが非常に小さくても激しく痛むこともありますし、逆に大きな突出であっても、たいして痛まない場合もあります。

また、ヘルニアの飛び出した方の反対側が痛むこともよくある現象です。

では、果たして痛みの正体は何なのでしょうか?

それは骨盤のズレによって引き起こされる、筋肉の萎縮(ちぢみ)からくる坐骨神経への血流不足です。
筋肉の委縮(ちぢみ)度合いが大きいと、痛みも比例して大きくなります。

また、痛みの程度は筋肉のちぢみの範囲にも大きく関係します。

日常生活が困難なほど痛みのある状態では、頸(くび)から足首までのちぢみが顕著です。
ですから痛みのある患部だけでなく、全身の治療が必要になってきます。
4.jpg
 
また、痛みを引き起こす理由がもう一つあります。

それは筋肉の硬直からくる‘冷え’です。
‘冷え’からはやはり血流不全が起こり坐骨神経が酸欠状態になります。

当院ではヘルニアの患者さんに確実に存在する、この2つの問題を根本的に改善させます。

実際、椎間板ヘルニアは、ほとんどの場合、かなりの程度で改善がなされます。
多くの方が普通にスポーツが出来る程度にまで回復されています。

痛みやしびれが無くなった方々に、治療後、ヘルニアの状態がどのように変化しているかを再度MRIで確認してもらうと、ヘルニアが縮小している場合もあれば、ヘルニアの大きさは治療前と変わらない場合もあります。(ヘルニアの大きさは変わらない場合の方が多い)

しかし、ヘルニアの大きさは変わらなくても痛みは消えるのです。

ということは、痛みの正体は、ヘルニアの突出ではないということになります。

では、その様な患者さんを治療前と治療後で比較して、痛みの解消以外に何も変化がないのかと言えば、大ありです。

骨盤のズレが小さくなるか無くなり、骨盤周囲の筋肉は柔軟性を増し、患部の関節は可動域を増してスムーズな動きになっています。
また、患部だけでなく全身の筋肉、関節も柔らかくなっています。

更に身体は血流が改善して治療前と比べると温かみを帯びています。特に、足先のポカポカ感は患者さんご本人がはっきり自覚されます。

初診時には曲げると痛みの為、曲がらなかった前屈・後屈運動は治療後は屈曲度を増します。

そのように目に見えて柔軟性を増した患部は、血流量を増大させ、新陳代謝が盛んになり、自然と炎症は治まります。

結論として、ヘルニアの痛みの正体は骨盤のズレによる血流障害であると言えます。

椎間板ヘルニアは改善する

15015.jpg

結論から言いますと、椎間板ヘルニアはかなりの程度で改善するものだと考えています。

過去,様々な椎間板ヘルニアの患者さんを治療してきた経験から、そのように考えています。

腰やお尻、太もも、ふくらはぎの痛み、これは坐骨神経の知覚障害です。‘坐骨神経痛’とも呼ばれます。

一般的には、軟骨(髄核)が飛び出して脊髄神経(背骨の中にある神経)や末梢神経(背骨から外側に出ている神経)を圧迫して痛みやしびれが出ると言われています。

椎間板ヘルニアの患者さんたちの身体を直接さわって診断・治療すると、一様に肩~背中~腰~脚にかけて筋肉の硬直(ちぢみ)が確認されます。

硬直(ちぢみ)が無い状態で激しい痛みを訴えてくる患者さんはまずおられません。

現実には、椎間板ヘルニアの出っ張りがあるままでも、この筋肉の硬直を取り除くと痛みは取れていくのです。

MRIの画像で軟骨が飛び出しているままでも、筋肉の硬直が無くなれば、血流が改善し痛み・シビレは消えてゆきます。

もちろん、ヘルニアの痛みの消失と共に、ヘルニアの突出部分がへこんで消失することもあります。

MRIの画像に映るヘルニアの出っ張り部分を見て、これが痛みのすべてだ、この出っ張りがへこまない限り痛みは消えないのだ、と多くの方は思われるかもしれませんがそうではないのです。

当院では、いくつかの療法を用いてこの硬直を取り除いていきます。

【骨盤調整法】の施術だけでも、もちろん効果は絶大ですが、その他の療法を駆使して早期治癒を目指します。

また、患者さんには、治っていく過程で、随時、身体の状態をご説明していきます。患者さんはご自身の身体の変化を通して様々なことを学習されることになります。

その学習で得る知識も、その後のへルニアの再発予防に大きな役割を果たすことになるはずです。

体験談

小郡市 立石浩信さん(男性) 39才

私には以前から腰から左ふくらはぎにかけて、痛みとしびれがありました。

そして、あの出来事が起こりました。ある朝、朝風呂に入り体を温めてから出勤しようとしていました。
それが、浴槽から出ようとしたとき体が全く動かなくなってしまったのです。決死の思いで風呂から出て、寒い中体もふけず、うつ伏せのままピクリとも動けずにいました。

その後、病院で、MRI撮影。診断は脱出型の大きなヘルニアが L4~L5、L5~S1 の2ヶ所にあり、即入院手術のケースとのことでした。

“極力、手術は回避したい”との私の希望から24時間の骨盤牽引・コルセット固定、1日3度の薬投与(内服・坐薬)での対応ということになりました。

入院後、坐薬を使用しても猛烈な痛みは取れませんでした。夜はうなされて、とても眠れず他の入院患者の方に迷惑をかけていました。

入院生活が45日を過ぎても“床に座ることができない”、“歩行で足を前に繰り出すことができない”状態でした。日が経つにつれて目の前が真っ暗になってゆきました。

一体、自分はどうなるのか・・・。

そんな時、家族が博多に‘骨盤調整法’という治療を行う治療院があるのを聞いてきました。

そんな効果のある治療があるということ聞いてしまうと、もう行きたくて仕方がありませんでした。理由をつけて病院を抜け出すことにしました。
そして、治療院に予約をしました。
しかし、いざ治療院に行こうとしても思うように足が動きません。左足を前に蹴り出す力が全くない歩き方で、痛む体を引きずってやっと治療所にたどりつきました。

そして、初の骨盤調整。
受療後、なんと足の蹴り出す力が少し戻ったのです!

それから感激のあまり気持ちも表情も一転して、毎日病院を脱走するようになりました。

治療所ではコルセットを取り払い“ゴムバンド運動”を行い、症状は病院を脱走するたびに明らかに快方に向かい、わずか4回の治療で正常な歩行ができるようになり、まったく夢のようでした。

こんなことだったら1日も早く退院して、なに不自由なく治療を受けたい。骨盤調整を知ってから10日後、希望退院。骨盤調整法に専念して快方へのスピードアップが図れるようになりました。

今迄、腰痛や痔を何度も繰り返し治療してきましたが、結果的には表面上の治療であったことを骨盤調整法と出会った今、痛感しています。

全ては骨盤の歪みに原因があり、世の中の多くの方々はこのことに気付かず苦しまれていることだと思います。

今、私の体調は極めて良好。あの悪夢のような日々のことを余裕を持って振り返れるなんて本当に幸せです。

更に、こどもの頃から進行する症状として受け入れていた近視・乱視(右0.1、左0.06)まで回復に向かっています。

今のこの状態“夢なら覚めないでほしい”切実にそう思っています。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

根本治療としての骨盤調整

免疫力が落ちている状態というのは、必ずと言っていいほど‘筋肉の硬直’と‘冷え’が存在します。この状態は何も腰痛や肩こりが起こっている時にだけ出てくるものではありません。

例えば、ガンのような病であってもそうです。難病は難病らしく難しい要因がしっかり用意されていて、その特殊要因によって引き起こされていると考える方も多いと思います。

しかし、実際はガンのような難病であってもその根底には骨盤を主体とした骨格のゆがみが存在します。勿論それだけが難病の原因の全てではないと思います。しかし、発生要素としては決して小さな要因ではないと思います。

‘筋肉の硬直’や‘冷え’は確実に免疫力を落とします。

ですから、病を治す上でも病を予防する上でも骨格を整えるということは必要不可欠の要素であると考えます。

実際、皆さんはサプリメント等の摂取のしたり、健康器具の購入をしたり、ジムに通って体を動かしたり、様々な投資をご自分の体の為に行ってあることと思います。

骨格のゆがみが小さく、筋肉も柔軟性を持っていて、体温も36.5℃程度あればなんら問題無いと思います。しかし、そうでないのなら、骨格の整備を優先すべきではないでしょうか。

骨格の状態と免疫力は不可分の関係にあります。

仮に、骨盤を正す体操を全国民が毎日行うと、腰痛等になりにくくなるのは勿論のこと、生活習慣病にもかかりにくくなり、結果的に何兆円もの医療費の削減につながると思います。

近い将来、骨盤・骨格の重要性の理解は更に進むのではないでしょうか。そして、測定機械で骨格のズレの度合いが数値化され、健康の指針の一つになる日が来るのではないかと考えています。

脊柱管狭窄症の改善

‘脊柱管狭窄症’は一般的には老化等によって脊柱の内腔が狭くなり、脊髄神経がその狭くなった部分で圧迫を受けることによって起こるといわれています。

症状としては足腰のシビレ、歩行時の激しい痛み等です。症状が出ると歩行が困難になります。しばらく休むとまた歩けるようになる‘間欠は行’が特徴です。

また,脊柱管狭窄症は土台である骨盤のズレによって脊柱がS字に曲がって、腰椎のズレが部分的に大きくなり、その部分の内腔が狭くなって起こることもあります。

この場合は脊柱を骨格操作によって真っすぐな状態にしてやると症状はかなり改善します。

また、椎間板ヘルニアでもそうですが、腰椎(背骨の腰の部分)がねじれて、そのねじれた腰椎そのものが神経を圧迫するために痛みやシビレが発生するというのがこの症状が起る一番の理由です。

脊柱管狭窄症の方は腰椎のねじれが特に大きい方が多いです。

腰椎のねじれが大きいと背骨の両脇は凸凹になり、かなり硬直してしまいます。これを柔らげて、腰椎のねじれを取り除くと症状はかなり和らぎます。

脊柱の大きなねじれは胸の部分(胸椎)で起こると、内臓器を制御している自律神経の働きを抑制して生活習慣病を代表とする慢性内蔵疾患を誘発してしまいます。

腰の部分(腰椎)で起こると慢性の腰痛や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛が引き起こされます。

つまり、骨盤の左右のズレを取り除き、次に腰椎(背骨)のねじれを取ることが脊柱管狭窄症の改善の為に必要不可欠の処置となります。

体験談

福岡市 竹中岩雄さん(建築設計師) 69歳

平成15年に‘脊柱間狭窄症’との診断を受けました。MRIでの診断で明らかに異常があると言われました。
5分歩くと2分座りこまなければならない状態でした。病院の治療といえば牽引や電気治療といったもので単なる気休めでした。痛み止めを中心に3種類の薬を飲んで何とか耐えていました。

病院以外で良い治療法はないかと探しました。そして、骨盤調整法を見つけました。治療を受ける前は病院でもよくならないのに本当に治るのかと半信半疑でした。しかし、初めての治療を受けた直後から調子が良くなり、1週間後には痛み止めの薬を飲むのを止めました。その後、月に2~3回程度の治療を受けて、今ではすっかり治って長歩きも出来るようになりました。日常生活に全く支障はありません。

今でも、体調管理の為に3,4ヶ月に1回程度のペースで治療を受けています。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

坐骨神経痛は酸欠痛

坐骨神経は人体で最大の神経線維です。大きな神経であるため、血液の供給量が不足すると激痛な痛みに見舞われることがあります。

【 坐骨神経痛の2つの発生理由 】

(1)腰椎(背骨の腰の部分)のねじれが神経自体を圧迫する

(2)ソケイ部(脚の付け根の部分)の硬化で動脈血管が圧迫を受けるため、その部分から下の坐骨神経に血液の供給量が減少する。

特に骨盤がズレルと構造上、ソケイ部で動脈血管が圧迫を受けるようになり脚全体が虚血状態になります。すると‘冷え’が出てきます。実際に左右の脚の温度を測ると症状が出ているほうの脚の体温は低いです。

また、そのような状態では汚れた静脈血が心臓へ戻りにくくなり、脚部でうっ血します。こうなると新鮮な酸素を含んだ動脈血が流れ込みにくくなります。

そして、坐骨神経は酸素不足に陥り、脚の各部で痛みやシビレを感じるようになります。

これが、坐骨神経痛の痛みの直接の原因です。ですから坐骨神経への酸素の充分な供給が症状の改善に不可欠です。

当院では、骨格を触らずとも、坐骨神経の酸素欠乏を改善するノウハウがあります。

もちろん、治療ではまず【骨盤調整法】で全身の骨格調整を行います。それに加えて、酸素欠乏の改善療法を行い‘坐骨神経痛’の症状改善に努めます。

喜びの声(体験談)

大野城市 yさん

早いもので50歳を過ぎ、体力的に低迷期に入ったのではと実感する今日この頃です。片や、40代前半までは、軟式野球やテニス、サッカーなどの球技に親しみすぎたせいか、また、身体のアフターケアに注意を払わなかった代償か、「腰痛(椎間板ヘルニア)」に悩まされるようになり、早いもので10年を経過してしまいました、これまで多くの治療院巡りをしてきましたが、いずれも根本的な解決策には至らず、また、手術への恐怖感もあってか、半ば諦める他はなく日々過ごしてきました。

数年前姪の紹介もあり、本院の扉を叩き、治療に専念、今までの治療法との違いが徐々に効果として現れ、嬉しいことに、今では趣味の一つである「ゴルフ」に行けるところまで回復しました。ただし、ストレッチを欠かさずやることと、「無理は禁物」と自分に言い聞かせながら楽しいラウンドを心がけています。(勿論ベルトは欠かせませんけど!実感しきり・・・。)

親しい仲間とこれから先も「ゴルフ」ができるよう、定期的な治療を行っていこうと思っています。
また、これから当分の間お付き合いをさせていただくことでしょうが、的確な指導と助言をお願いいたします。
※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

福岡市東区 鶴原一也さん

「一番下の椎間板が飛び出ています。治す為に特にこれといった治療法はありません。痛みが治まるまでは安静にして様子を見ましょう。」

ある整形外科での言葉に愕然としました。こんな激烈な痛みがあるのに、治療法がないとは。様子を見るといっても、いつこの痛みが治まるのか全く見当がつきません。このままこの痛みを伴って生きていかなければならないのかと思うと、今後の自分はどうなるのか不安で仕方がありませんでした。

右臀部に激烈な痛みが走るようになり、加えて右足太もも裏とふくらはぎに痺れを感じるようになりました。特に臀部の痛みはひどく、今までのように普通に歩くことができなくなり、右足をかばうように体を傾けてしか歩けなくなりました。また、椅子に座っても臀部に激烈な痛みが走り、5分と座っていられないようになってしまいました。当時あまりの痛さに耐えかねて、叫びながら運転して気を紛らわしたりしました。このような辛く苦しい状況が続いたため、当時の私は精神的に相当参っていました。

とにかく右足の痛みと痺れを取りたくて、他の整形外科にあたったり、カイロプラクティック等、様々な治療を試してみましたが全く効果はありませんでした。その間も相変わらず右臀部の痛みと右足の痺れは続きました。毎日毎日激烈な痛みに襲われることで、自分自身も何か無気力になってしまいました。また、右足については、「こんな痛みや痺れがこれから続くのであれば、いっその事切断してしまいたい。」と思いました。心身共に今までにない位最悪の状態でした。

そんな時、日私の母が「骨盤調整」とゴムバンド療法の情報を持ってきました。

今まで受けた治療はすべて、痛む箇所だけを治療するものであり、座薬やマッサージによって一時的に痛みや痺れが治まっても、しばらくすれば痛みと痺れは元に戻ります。しかし、「骨盤調整」とゴムバンドでの自己体操を続ければ、完全に痛みを克服できるかもしれない。ダメ元でこの治療法を試してみよう。そう思った私は、骨盤調整に関わるものを色々と調べてみました。

そして、骨盤調整を受けてみようと思い、治療をして頂きました。

この骨盤調整は、実際に受けた人にしか分からない効果があります。

治療して頂く前とその後では、自分の体の状態が全く違ったため、自分でもびっくりしてしまいました。

そして、右臀部の痛みや太もも裏とふくらはぎの痺れの原因は、椎間板ヘルニアそれ自体が、原因ではないということを告げられました。

体の土台である骨盤が歪んでしまうことで、支えとなる背骨が曲がってしまい全身の血行が悪くなる。

その結果、腰周りや足の血行が極端に悪くなり、筋肉が弾力性を失い、硬直していることが原因であると教えて頂きました。

治療をして頂くなかで、私の体は復治療をして頂くなかで、私の体は復調の兆しが出始めました。骨盤のズレを正すことで血行がよくなり、臀部の痛みはどんどん和らいでいきました。

そうなると、今まで辛くて仕方がなかった椅子に腰掛けるという事が、苦痛でなくなりました。

足の痺れも気にならなくなり、ジョギングが出来るまでに回復しました。

現在、おかげさまで体の調子は良く快適に過ごす事ができています。更に、骨盤調整の効果は腰だけに留まりませんでした。

以前の私は風邪をひきやすく、特に季節の変わり目には、どんなに気をつけていても必ずといっていいほど風邪をひいていました。

しかし、骨盤調整をするようになってからは体調が崩れにくくなりました。

体の歪みが直ることで、全身の血行が良くなったため抵抗力が高まったのではないかと考えています。

椎間板ヘルニアになったのも、ケアを怠ってきたツケもあるのだろうと反省しています。

私は椎間板ヘルニアになったことで、ケアの重要性と生活をしていくうえでの腰の重要性について身をもって感じました。

自分の身体を守るために、現在もからだバランス整体院に 2、3か月に1回の間隔で通って治療しています。

久保田先生はじめ、からだバランス整体院の皆様、今後ともよろしくお願い致します。

※個人の感想であり、施術による効果には個人差があります。

からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528