院長の治療日記

院長の治療日記

健康通信 うつ病と骨盤、鎖骨の関係 / 2010.7.11(日)

※鎖骨を治せば熟睡ができる!!!

うつ病にり患した方が薬物依存症になり、最後は意識障害まで悪化し、生きる望みを失い自殺するケースが多発しているのです。

うつ病の原因は、悩みに悩んで眠れなくなることから始まります。

そのストレスによって、骨盤は歪み寝相が悪くなり、横向きで寝ることが多くなり、鎖骨が歪みます。

そのため、心臓からでたすぐの大血管が圧迫され、頭部の血流が悪化するため脳内が低酸素状態になり自律神経が乱れ ホルモンが合成されず、食べ物は腐敗し、血液は汚れ、体調が悪く、不安定名状態に陥り、悩みが倍増するのです。

これは、うつ病や睡眠障害ばかりではなく、癌や糖尿病の場合でも同様です。

従って正しい実績のある代替医療を選択することが重要なのです。

うつ病の方はご相談ください。

正軆院

自然医学総合研究所 福岡支部

TEL  092-402-3003
メール mail@seitaiin.info

自然医学総合研究所健康通信 ‘自然療法に勝る療法はない!’ / 2010.7.9(金)

★自然療法に勝る療法はない!!!

★肺がんの患者さんの症例をご紹介します。
13年前に胃がんになり全摘され、その3年後に両側の肺に3箇所末期肺がんが見つかり、抗癌剤治療を1ヶ月受けて体調を崩された愛知県在住の佐野映栄さんです。

★抗癌剤治療を1ヶ月して体調を崩されて以来、一切の化学療法を拒否して体質改善に励み、三味線のお師匠さんとして10年間も充実した生活をしています。

★肺がんは残っていますがとても元気で毎日働いています。

★一般にがん細胞と言うとどんどん増殖して悪化する細胞というイメージで認識されておりますが、医学的に大きな過ちがあると断定できます。

★肺がんのほとんどは腺ガンといい、組織の石灰化が原因です。

★組織の石灰化は低酸素状態でかつ、二酸化炭素が充満したときに進行します。

★つまり、姿勢が悪く呼吸が浅い人がなりやすいのです。

★具体的には、骨盤のゆがみに起因する鎖骨と胸骨でつくる胸鎖関節の亜脱臼により呼吸が浅くなるのです。

★同時に胸鎖関節の亜脱臼によって胸骨の裏側にある胸腺の循環も障害されるためガン細胞を攻撃するTリンパ球も産生されません。

★そのためガン化した細胞を除去することもできないのです。

★さらに、右側の骨盤が大きく歪み、それに伴い左肩の深部では硬直が起こり、リンパの胸管と大静脈が連結する部位が圧迫され、老廃物の処理ができません。

★また、排尿、排便も悪い人が多いのも特徴です。

★この点、西洋医学の名医の視野は専門の壁を越えることはなく、異常に狭く、肺の組織以外に関わることはほとんどなく、原因不明という結論に至っております。

★佐野さんの症例が証明するように肺がんでも怖くないのです。

★その根拠は、食べものや就寝時間など生活習慣を改めて血液を浄化し、体のゆがみを改善することで神経や血管や特にリンパ管の圧迫を取り除くことで代謝が盛んになり、ガン細胞の増殖も抑えられるからです。

★がん細胞とは、健康な方でも毎日たくさんの血液や細胞の死骸がきちんと処分されなければ、体内に蓄積されることでやがて誰でもがガン化するのです。

★********* セミナーのお知らせ ********

●7月18日(日)名古屋予防医学セミナー
       会場:名古屋市東区 ウイルあいち
          3F第6会議室
       開場:午前9時30分
       開演:午前10時
       午後:相談会と体験会

お問い合わせ先

自然医学総合研究所 福岡支部 TEL092-402-3003

当院の骨盤矯正について / 2010.6.12(土)

最近、よく骨盤を扱った番組なり、記事なりがありますよね。

当院の骨盤矯正は‘骨盤調整法と’言います。

通常の骨盤矯正とは一線を画す治療法です。

まず、見た目の違いがあります。

ベッドでの施術ではありません。

ベッドも使いますがそれはほぐし(指圧とマッサージでまず筋肉を柔らかくする)のためのものです。

骨盤(骨格)に対するアプローチは床にひいたマット(特注の布団)で行います。

このスタイルでやると骨盤が大きく動くんです。

本当に‘ググー’とスライドするんです。

しかし、施術者の体力的負担は大きいです。

しかし、患者さんにとっては治療効果の高い治療法です。

是非、他との違いを実感して頂きたいです。

不妊治療 / 2010.5.20(木)

骨盤調整法で妊娠される方も結構いらっしゃるんです。

不妊の方は骨盤のズレが大きい方がおおいです。

そして、やはり冷え体質です。

ゴム巻き療法でしっかりひえをとっていきます。

是非、骨盤調整法で体質を改善されてください。

G・Wの予定 / 2010.4.28(水)

G・Wも通常通り月、火曜日の休診です。

よって、G.W中の休診日は5/3(月)と5/4(火)です。

明日の受付時間は9時から11時30分、14時から18時30分です。

毎年G.Wは通常通りやってます。

頑張ります。

お時間のある方は是非、治療に来られてください。

久保田

志免町から中学2年生 / 2010.4.25(日)

今日は志免町から中学2年生の男の子が来院がありました。

サッカーをしています。

背が高くやせ型です。

やせ型で激しいスポーツをしている学生は骨盤が大きくズレていることがあります。

しかし、まだ若く組織が硬直しにくい為痛みがでにくいのです。

ですが骨盤のズレはいつか痛みとなって出てきます。

痛みが出た時は大きな椎間板ヘルニアとなっていることもあります。

若いといえども早目の対策が重要です。

学生さんで部活をやっていて痛みがあるという方はご相談ください。

G.Wの診療日 / 2010.4.24(土)

G・Wも通常通り月、火曜日の休診です。

よって、G.W中の休診日は5/3(月)と5/4(火)です。

毎年G.Wは関係なくやってます。

頑張ります。

久保田

骨盤ダイエット / 2010.4.10(土)

本日、当院に通院されている60代のご婦人から報告がありました。

その方は、腰痛をはじめ様々な症状に長年悩まれていました。

腰痛、神経痛、うつ症状、自律神経失調症です。

その方も3か月ほど通われてかなり元気になられました。

今日、その方が言われたのは

「背中のぜい肉が取れたんですよ~」

骨盤調整を行うと体重が落ちやすくなります。

腰回りのサイズなどは初診で小さくなるのを感じられることは多いです。

「え~、治療前はウエストが苦しかったのに治療後は緩くなってる~」

こんなことはよくあります。

小学生の骨盤調整 / 2010.4.2(金)

小学5年生の男の子が骨盤調整を受けに通院しています。

小学生といえども骨盤はねじれているんですね。

しかも、結構大きなズレです。

お母さんもお父さんも熱心な患者さんです。

私はその子供の成長を4年間みてきました。

最初ははにかんでいましたが今は治療中に突然話しかけてきます。

「先生の腕太いですね」

私は面喰います。

「うううん、太いほうやろうね」

「鍛えたんですか?」

「この仕事しよったらこうなった」

「触っていいですか?」

「いいけど・・・」

大人との付き合いでは生じえない感情が湧いてくる楽しい時間です。

妊婦さんの治療 / 2010.3.21(日)

toukou.jpg

当院には妊婦さんがよく来られます。

妊婦さんは腰の痛み、背中の痛み、坐骨神経痛、膝下のむくみ等で悩んである方がおおいです。

しかし、医療機関では妊娠中は仕方がないですと言われて何もしてもらえないとよく言われます。

当院では妊婦さんの治療に実績があります。

また、産後の骨盤の歪み対策もやっています。

妊婦さんはあきらめずに当院にご相談ください。

ほとんどの方が楽になって喜んであります。

小学5年生の女の子 の背中の痛み / 2010.3.20(土)

 下の写真は初診時の治療の前です。左右非対称です。

足先は骨盤の歪みがそのまま表れます。

kumamoto-mae.jpg

小学校5年生の女の子の画像です。

腰と背中の痛みで、お母さんが連れてこられました。

骨盤の歪みがかなりひどい状態でした。

1回の治療で歪みがほとんど取れました。

子供は身体が柔らかい分痛みが出にくいのですが、子供で痛みが出ているということはねじれが極めて大きい場合が多いです。

やはり、子供といえども早めの対処(親御さんの)が必要です。

下の写真は初診時の治療の後です。

左右対称になりました。

kumamoto-ato.jpg

花粉症 の治療       ‘福岡 整体は数々あれど’NO27 / 2010.3.6(土)

本日も花粉症の方が来院されました。

鼻水とのどのイガイガ感の症状の方です。

花粉症は頸椎(首)の歪みが大きく関係しています。

また、肩周辺の筋肉の硬直も関係しています。

当然のことで上記の首・肩の異常のある方は肩コリがしっかりあります。

肩コリを自覚していない方は自律神経失調の状態にあります。

花粉症というのは自律神経機能の異常の一つの結晶ともいえます。

【骨盤調整法】で是非、改善されてください。

www.seitaiin.info

PS 福岡 花粉症 治療

福岡 整体は数々あれど NO27 佐世保からの来院者 / 2010.3.4(木)

 本日、佐世保からの来院者がありました。

68歳の女性の方です。

娘さんの紹介です。

膝の痛みでお悩みです。

身体のゆがみもあると自分でも感じていたが、どこに治療に行っていいかわからず、どこにも行けず今日に至ったとのことでした。

やはり骨盤に大きな歪みがありました。

膝の痛みは根本的に膝が原因ではなく骨盤の歪みから起こっていることが多いです。

よって、まず骨盤を左右対称にすることから着手する必要があります。

治療後、喜んでゴム巻き骨盤体操を習われました。

自分の体には変えられないからと佐世保から今後も通院されると言って帰られました。

なるべく、早く痛みが和らげばと考えています。

ブログ‘福岡 整体は数々あれど’ 花粉症の患者さん / 2010.2.22(月)

最近、患者さんとの話でこんなかんじの会話がちょくちょくあります。

「毎年、この時期になるともう必ず絶対、花粉症の症状が出るんです。でも今年は出ないんです。これってもしかして骨盤調整を受けているからでしょうか?」

「はい、そうだと思います。、花粉症は多くの場合、首の骨のゆがみから出ます。ですからその歪みを取り除くと症状は軽減するんですよ」

「はー、そうなんですね。」

骨盤調整法は腰痛・肩こりだけでなく花粉症の方にもおすすめの治療法なんです。

中学3年生の腰痛 / 2010.2.20(土)

004-syusei22.jpg006-syuuseei2.jpg

左は初回治療の前、右は治療後です。

治療前は背中の痛みのため上体が曲がらずよろけてしまいました。

中学3年生の男子です。

部活を頑張るスポーツマンです。

お母さんに連れられての来院です。

脊柱が彎曲しているということでした。

腰痛があるということでした。

背中の痛みもつらいとのことでした。

1回の治療で背骨は真っ直ぐになりました。

骨盤のズレもほとんど取れました。

しかし、激しいスポーツをするとまたもとのズレが出てくると思います。

ですが、何回か治療を続けているとズレの癖もなくなっていきます。

治療の後、激しいスポーツをするとのことでした。

おそらく痛みは出ないのではないでしょうか。

本人には痛みが出たら教えてねと伝えています。

慢性頭痛 の患者さん / 2010.2.14(日)

002.jpg

先週、長年、頭痛持ちの患者さんが来院されました。

20代の女性です。

いままで週に1回は頭痛薬を服用されていたそうです。

お友達の紹介でこられました。

本日2回目です。

初診以降のこの1週間全く頭の痛みがでなかったそうです。

天気の悪い日や雨の日は確実に痛くなっていたのに不思議と一昨日の雨の日、痛みはでなかったそうです。

【骨盤調整法】は慢性頭痛偏頭痛にかなりの即効性を示します。

妊婦さん 安産のための受診 / 2010.2.3(水)

今週、妊婦さんが来院されました。

妊娠9カ月の方です。

その方のお姉さんが妊娠中にひどい坐骨神経痛になられて、当院に通われて痛みを取り除かれました。

今回受診された妹さんは特に腰痛や神経痛があるわけではないということですが、

お姉さんがすごく安産だったので行くように薦められて来院されたということです。

妊婦さんは出産に向けて下半身の筋肉や骨盤周囲の靭帯が柔軟性を増してきます。

しかし、骨格のゆがみが大きくなると股関節が硬直してしまいます。

結果的に出産時に骨盤は開きにくくなります。

スムーズな出産のため骨盤周辺を緩め整えておくことは必要です。

そうすれば、スムーズな分娩が期待できます。

妊婦さんの“恥骨痛”と足の付け根の痛み / 2010.1.31(日)

022-mae.jpg本日、妊婦さんが来院されました。

妊娠9カ月です。

恥骨の痛み足の付け根の痛みでの来院でした。

妊婦さんには多い症状です。

ご本人の要望として上記の痛みの除去は当然のこと、スムーズな出産を希望しての来院です。

【骨盤調整法】はそれらの要望に応えています。

妊婦さんの治療には実績があります。

この患者さんは、股関節(両側)の筋肉の硬直と骨盤の大きな歪みがありました。

治療の途中で足の開き具合を確認していただくと、「さっきより開いています」としっかり自覚されました。

妊婦さんは出産に向けて骨盤が歪み易くなります。

この患者さんは背中の硬直、それから誘発される睡眠障害もあるということですがそれも改善しますとお伝えしています。

出産までの約1カ月間、治療をされて是非よい状態で出産して頂きたいと思います。

私もしっかりとサポートさせて頂きます。

【福岡 整体は数々あれど】 ストレスによる自律神経の乱れ / 2010.1.19(火)

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスによる自律神経の乱れから下記の症状があらわれやすいです。

肩こり、腰痛、肌荒れ、消化器系の異常、頭痛、便秘、冷え、むくみ血圧の異常。

自律神経はほとんどの細胞を支配しています。

ストレスがかかると最初に反応するのが自律神経です。

睡眠をとっても疲れがぬけない、不眠、慢性的な頭痛や重い肩こり、アレルギーや癌などの病気の発症は

ほとんど場合、ストレスで自律神経が乱れたことに対する警告です。

【骨盤調整法】は上記のような症状にジワジワ効いていきます。

どこに行っても治らない方、是非に当院にご相談ください

肩の痛みの症例 / 2010.1.17(日)

肩の痛みで40代の女性が来院されました。

もう、この3~4年肩が痛くてたまらなかったそうです。

また、腕の肩から派生したであろう痛みに悩まされているとのことでした。

娘さんが当院に通われて、ひどい生理痛(救急車をよんだこともあるそうです)と肩こりが改善したということで、お母さんも来院されました。

下の画像左が施術前です。
左肩が下がっています。

下の画像右が施術後です。
左右差が小さくなっています。(パッと見ではわかりにくいですね)

骨盤のねじれを取り除いて、背骨をまっすぐにした結果です。

この状態で一時的に痛みは軽減します。

ご本人もかなりの痛みの軽減にびっくりされていました。

しかし、3~4年の間の筋肉のひずみはまた元の悪い状態に戻ります。

治療を繰り返すことでそのひずみも無くなっていきます。

続けられると完治するはずです。011tyon-haha1.jpg

tyon-haha2.jpg

からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528