院長の治療日記

院長の治療日記

32才(女性) 腰痛、偏頭痛の治癒 / 2008.5.25(日)

1か月前に、当院の患者さんから電話がありました。

大牟田の着物の着付けの先生からです。

当院を身体の悪い方によく紹介して下さる方です。

電話の内容です。

「私の着付け教室の生徒さんの娘さんが体が悪いからということを聞き、先生のところを教えました。何でもすごく悪いらしいです。でも、先生の所なら必ず治ると言っていますから、よろしく。」

ということで、その方を診ることになりました。以下は途中経過です。

cimg1626.JPG

広島からの 不眠症、うつの患者さん / 2008.5.24(土)

先週の日曜日、広島県の福山市から重度のうつ症状の患者さんが来院されました。
ご主人が同伴されての来院です。

症状

①うつ  ②不眠  ③股関節痛 ④腰痛 ⑤歩行困難 ⑥首の痛み

診てみると骨盤のゆがみはかなり大きく、右股関節の変位、背骨の柔軟性の低下、頸椎(首の骨)の癒着
などかなり状態としてはよくありませんでした。このような状態では自律神経は必ず失調してしまいます。

【骨盤調整法】にてそれらの硬直とゆがみを取り、非常に低下している全身の血流を向上させました。

更に手技療法を行ったところ、首の関節の柔軟性が向上しました。

それで、頭部への血流が改善されたことと思います。
今後、治療を重ねると、自律神経失調症が改善されてうつ症状や不眠症も快方に向かうことでしょう。

治療後はかなり歩きやすくなられ、喜んで帰っていかれました。
遠方ではあるができるだけ通院するということでした。

そして、本日その患者さんからお礼の手紙が届きました。

眠れるようになり涙が出るほど嬉しいとつづってありました。
「本当に死にそうだったのが生き返った思いです」ともありました。

当院のスタッフの対応へのお礼もありました。

現在、記の症状(うつ、不眠症)を抱えてある方は非常に増えています。そして、今後も確実に増え続けます。
西洋医学では対応できない部分も多々あります。

上記のお悩みをお持ちの方は、是非ご相談下さい。

0014.JPG

頭痛の患者さん(女性)の経過 / 2008.5.23(金)

39歳 女性の患者さんが本日6回目の治療を受けられました。
一番つらい症状が頻発する頭痛であると初診でお話されました。

あまりの痛みで頭だけでなく顔半分まで痛むとのことでした。

しかし、治療を受けられてから今までの約1か月半で頭痛が出たのは雨が降った日の1回だけで、その時以外は全く出ていないとのことでした。

【骨盤調整法】は頭痛に即効性があります。

当院が非常に得意にしている症状です。

頭痛でお悩みの方は是非、治療を受けてみられて下さい。

妊婦さんの坐骨神経痛 / 2008.5.22(木)

本日、妊婦さんが当院のホームページを見て来院されました。

妊娠中でいらしゃるのですが、左脚が激しく痛んで夜眠れないほど痛む時もあるということでした。
肩、首まで痛むようになったとのことでした。

産婦人科の医師に聞いても納得できる回答がなかったということです。(骨盤のズレが体の不調を招くという考えはないのでしょう)

診てみると典型的な‘坐骨神経痛’でした。

ご本人にとっては初めての経験で自分自身に何が起こったか理解できない状態であったようです。

実際、かなりの骨盤の変位がありました。

治療後はすっきりされました。

妊婦さんで腰、足、背中に痛みのある方はご相談下さい。

骨折の患者さん / 2008.5.22(木)

先日、当院の患者さんが交通事故で背骨を骨折され、病院に入院されました。

その方のお見舞いに一昨日行ってきました。

その方は入院直後、私に電話をしてこられました。そこでベッドの上でできる体操をお教えしました。脚の筋肉や
股関節の筋肉の自己体操です。

その後のリハビリで回復が早いということでした。

一日も早い完全回復を願っています。

いびきの解消 / 2008.5.20(火)

先日熊本より50代の女性が来院されました。
‘いびき’が治療を受けた日の夜から止まったとの報告がありました。

就寝時の首の骨の状態が睡眠の状態を左右します。

深い睡眠がとれなければどんなに強い体の人でも病んでしまいます。

睡眠は自律神経の働きが大きくかかわっています。

交感神経緊張型の人は睡眠がうまくとれません。

仕事のしすぎ、ストレス、精神的緊張、パソコンの使いすぎ、どれも交感神経を緊張させます。

あと大きな要因として骨格のゆがみが交感神経を緊張させます。

また、睡眠には首の骨以外に鎖骨のゆがみが深く関与しています。

そこを調整すれば次第に深い睡眠がとれるようになります。

股関節の障害からの回復 / 2008.5.19(月)

27歳の女性の方の症例です。

福岡出身の方ですが、現在青森で仕事をされています。数ヶ月に1度福岡に帰ってこられて、当院へ治療に来られます。

治療は現在まで4回です。最後は今年のゴールデンウィークの受診でした。

初診の時は右股関節が痛みの為にほとんど開きませんでした。
その時点での骨盤の歪みは非常に大きいものでした。
初回の治療でかなり痛みの改善がなされたと思います。

受傷時に骨格の調整ができていれば、車椅子も必要無かったとは思いますが、そのときは青森にいらっしゃったので仕方なかったと思います。

交通事故やスポーツで強い衝撃を受けて、のち後遺症に悩まされる方が多くいらっしゃいます。
受傷後、骨格の歪みが固定化する前に骨格調整を行っておけば後遺症に悩まされることもそう無いと思います。

※ムチウチ症でお悩みの方は是非ご相談ください。ムチウチ症は非常に治療技術が必要とされる症状です。西洋医学では治らないとはっきり言われますが、そんなことはありません。

cimg1538-0.JPG

冷え症、アトピー、拒食症の女性の治癒体験談 / 2008.5.18(日)

23才、女性の治療体験談をご報告します。

小学校3年生の時の小児アトピー、大学生になってからの拒食症、どちらも治癒されています。
上記の症状は自律神経の失調の典型症状です。

【骨盤調整法】は自律神経失調症の改善に非常に効果を発揮します。

うつ症状、不眠、更年期障害、慢性疲労などにも効果を発揮します。

同様の症状をお持ちの方は、メールかお電話でご相談ください。

cimg1537.JPG

頭痛持ちの女性の患者さん / 2008.5.17(土)

2か月振りに来院された40代の女性の患者さんが頭痛がスッキリしたと言って帰っていかれました。
頸椎(首にある7つの骨)の調整をすると非常に早く症状がとれます。
と言っても首の骨だけ治療しても効果はそれほど期待できません。
やはり全身治療が基本です。

‘全身は局所の為に 局所は全身の為に’

ラグビーの格言で言えば
   ‘ALL FOR ONE ONE FOR ALL’

室見川の潮干狩り / 2008.5.15(木)

先日、室見川の河口で多くの方が潮干狩りをされていました。
皆さんどの程度の収穫があるのでしょうか?

私が子供の頃、母と一緒に博多湾の和白干潟のあたりでよく潮干狩りをしました。
その当時は大量の収穫がありました。まさに掘ればザクザク貝が出てくる状態でした。

今の時期は毎日、晩御飯は貝料理でした。
自給自足です。
今考えると、良い経験です。
和白干潟の海の恵みに感謝です。

当時、僕の一番好きな調理方法が貝の< すきやき>です。

作り方はいったって簡単。貝をフライパンの上において加熱して醤油と砂糖で味付けする。
牛肉のすき焼きとつくり方は同じです。

この調理方法、結構好評です。

当院の花 / 2008.5.14(水)

cimg1560.JPGうちのスタッフが持ってきてくれたひまわりの花です。
受付に飾っています。
あまりにきれいだったのでご披露します。

脊柱管狭窄症の85歳の方の来院 / 2008.5.13(火)

85歳の男性の症例です。
この半年ほど、100メートルも歩くと痛みでしゃがみこんでしまうということで来院されました。
病院でMRIにて腰部脊柱間狭窄症との診断を受けたそうです。

診察すると骨盤はねじれ、背骨はS字状に大きく曲がっていました。また、お尻から股関節の動きも非常にかたいものでした。

85歳であっても回復します。
ご本人も真剣に治すおつもりです。

熊本からの来院者 / 2008.5.7(水)

熊本からの来院者がありました。

27歳の男性です。5年前に重度のヘルニアで仕事ができなくなり、福岡市内のお友達のところに泊まりこんで治療をされました。2ヶ月程で全快されて、熊本に帰っていかれました。

その方が5年ぶりにギックリ腰を起こされて来院されました。
この5年間はなんともなかったそうです。

5年前はアルバイトでしたが、今は某有名ホテルのホテルマンとなったということです。
そんな立派な姿をみて非常にうれしい思いがしました。
5年前はあんなに苦しんでいたのに今では顔つきまで凛々しくなっていました。
(体はギックリ腰で曲がっていましたが)

私にとっては非常に嬉しい再会でした。

ギックリ腰の患者さんの来院 / 2008.5.7(水)

本日、20代の女性の患者さんが来院されました。
ギックリ腰です。動きがかなり不自由な為、付き添いの方と来られました。
なにぶん炎症が激しくその場で全快とはいきませんでしたが、
骨盤のゆがみが大きかったので、それは取らないと痛みが長引くため、
なるべく負担がかからないように治療をしました。あと数回の治療が必要です。

問題なのは今現在の激しい痛みではなく、その痛みを引き起こした骨盤のズレです。
その方は足先がいつも冷たいと仰っていました。
【骨盤調整法】で‘冷え’は取れますよとお伝えしました。

ある医療関係者との面談 / 2008.5.6(火)

先程、ある健康のことを研究されている人物とお会いして話をしてきました。

その方は体の‘冷え’がガンを誘発すると強調されていました。
西洋医学で処方される薬品は体を冷やして血流を阻害するとも。

私も全く同意見です。
いかにして‘冷え’を取り除くか・・・。

‘ゴムバンド運動’は‘冷え’取りの決定版です。特に足巻きは有効です。

そのほかに私が今実践していることといえば‘梅醤番茶’というのを毎日飲んでいます。
つくり方は

①大根をコップに1/3程度にすりおろす。
②梅干しをその中に入れてすりつぶす。
③醤油を適量入れて味を調える。
④熱い番茶(なければ何のお茶でもよい)を入れて出来上がり。

効能:体温を上げる、消化をよくする

梅と醤油という発酵食品プラス血液の浄化作用のある大根汁。体にとっても良いこと間違い無しです!

熊本からの来院者 / 2008.5.4(日)

本日、熊本から数年ぶりの患者さん(お父さんと息子さんの2人)が来院されました。高校生の息子さんは小学校5年生の時に治療して以来です。

症状は息子さんが腰痛、お父さんは腰痛と首肩の痛み、さらに右手のしびれ感。

お父さん(45歳)はパソコン作業が続くと特に首の痛みがひどくなり頭痛も出るそうです。来院者に非常に多い症状です。男女問わず多い症状です。

(このゴールデンウィーク、会社でのパソコン作業をしなくてよいのが何よりうれしいという方が何人もいらしゃいました)。

お父さんは治療を終えられ、かなりスッキリされました。(治療が終わった瞬間、ハァーと大きなため息をもらされる)。

息子さんは若いということもあり1回の治療で全快すると思いましたが、終わってみると少し痛みが残っているということでしたので、“ゴムバンド運動”を教えて、家で一日500回程度やってねと告げました。“ゴムバンド運動”は硬い筋肉を柔らかい質のものに変えていきます。高校生といえども硬い筋肉は要注意です。

新ホームページを開設しました / 2008.5.1(木)

新ホームページを開設しました。
これから、様々な情報を提供していくつもりです。
旧ホームページも含めて宜しくお願いいたします。  

からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528