院長の治療日記, インフォメーション

直立時の膝の曲がり具合

2016/1/21 木曜日 18:46:29

腰が悪い方の特徴の一つにヒザが常に曲がっているというものがあげられます。

立っている状態のまま両膝を思い切り伸ばしてみてください。
その時、少しでも膝が伸びると(膝小僧が後ろ側に動けば)、常に膝は曲がっているといえます。

歩行時、片足を前に出して地面に着地した直後、その足に全体重が乗り切るのが正しい歩き方です。
体重が片足にしっかり乗り切るとその直後アキレス腱がしっかりストレッチされます。

常に膝が曲がっている方は歩行時、体重が片方の足に乗り切る前に次の足に体重が移動してしまいます。
このような場合、アキレス腱のストレッチは不十分です。

また、太ももの裏からおしりにかけての大きな筋肉もストレッチされません。

この大きな筋肉のストレッチ不足が骨盤周辺の筋肉の硬直につながっていきます。
さらには腰痛へとつながっていきます。

是非、立って静止した状態で両膝を思いっきり伸ばして、伸びるかどうかチェックしてみてくださいね。
(^_^)

からだバランス整体院 最新情報
からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528