院長の治療日記, インフォメーション

女性のホルモン療法とその問題点

2011/4/5 火曜日 8:55:58
mizutani.jpg



★半年間もなかった生理が、わずか一度の施術で回復した!

★医者も知らない体の歪みと女性の生理!

★一般に整理が不順になると婦人科でホルモン療法を受けることになる!

★しかし、このホルモン療法は一度で治ることはなく、知らず知らずにホルモン剤に依存し、長引くことで、「エストロゲン依存性腫瘍」ができるのである!

★エストロゲンの依存性になると、良性では子宮筋腫ができ、悪性では乳がんや子宮体癌ができることが知られている!

★また、子宮内膜症や子宮腺筋症なども類腫瘍性疾患として発症することもある!

★本来、生殖能力の旺盛な20代に生理が止まること自体重大な問題ですが、これらの疾患も環境汚染や生活習慣の過ちなどにより重篤な貧血や頚部や骨盤の内部での動脈硬化症などを発症しているケースが多く、ホルモン療法には限界があるのです!

■ストレスに弱い女性の骨格!

■女性の骨格はお産のために産道が開きやすくなる様に男性に比べて関節が浅くずれやすい構造をしています!

■女性の生殖器と自律神経の関係は、骨盤が歪んでも、背骨が歪んでも影響されやすくできています!

■ホルモンは神経だけではなく血液の流れによっても影響を受けるからです!

■従って、賢い患者は、薬を止めて安全な代替療法を選択しているのです!

福岡の整体 正軆院(せいたいいん)にお問い合わせは・・・

kubota.gif

     

からだバランス整体院 最新情報
からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528