インフォメーション

からだバランス整体院トップ > インフォメーション >  自然医学総合研究所 健康通信 ‘糖尿病の真因について’

 自然医学総合研究所 健康通信 ‘糖尿病の真因について’

2011/2/24 木曜日 17:41:35
tounyo.gif



  • 糖尿病とはインスリンの絶対的もしくは相対的不足により引き起こされる持続的高血糖状態のことをいいます。

  • その原因として、遺伝的因子と環境的因子の両方が言われていますが、私の研究では、環境的因子の場合は当然ですが、遺伝性の場合でも、骨格の歪みや脊椎の癒着などによる「すい臓の支配神経の伝達障害」が深く関わっています。

  • すい臓の支配神経の障害には大きく分けて二通りあります。

  • 第一に、脳から出て首を通り、特に鎖骨のゆがみの影響を受けやすい構造をしている「迷走神経」の障害と第二に肩甲骨間部で脊柱管から分岐する中枢神経の障害があります。

  • よって、副作用の大きい化学療法に依存する前に、原因となる神経の圧迫を改善することが重用です。

  • その結果、300~400は当然ですが、900もあった血糖値がわずか1年後に正常値に下がり安定したという事例もあります。

  • ホルモンの伝達情報はマクロファージなどの白血球の作り出すサイトカインによってきまりますので、食事療法などで血液を浄化することも重要です。

  • サプリメントは重要です。しかし、病気になると言うことは、例外なく過剰なストレスとのかかわりがあり、その結果①血液が汚れ、②身体が歪み、③組織が癒着しています。

  • そのため、血流が悪化し、自己免疫力が低下するばかりではなく、血管や神経やリンパ管が圧迫され、老廃物が滞り、病変組織がつくられるのです。

  • ゆえに,などの体の歪みを改善することで血管やリンパ管の圧迫を改善することが重要なのです。

  • 血液が浄化され、免疫細胞野機能が高まり、リンパ管の圧迫が改善されることで腫瘍壊死反応が起こり、がん細胞は破壊され体外に排泄されるのです。

  • ただし、免疫細胞の機能が高まり、腫瘍が攻撃されることで一時的に腫瘍マーカーの値は高くなりますが、リンパ管の圧迫が改善されることで下がります。

  • ゆえに体の歪みを改善することは大変重要なのです。

    ■糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を越えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な傷害を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。糖尿病、特に2型糖尿病は遺伝性疾患であり、家族歴が発症の重要な原因となる。食遺伝の影響も大きい。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。【ウィキペディア参照】

    福岡の整体 正軆院(せいたいいん)にお問い合わせは・・・

    からだバランス整体院 最新情報
  • からだバランス整体院 営業時間
    ご予約・お問い合わせは0120-706-528