院長の治療日記, インフォメーション

骨盤・骨格のゆがみと睡眠の関係

2008/6/19 木曜日 9:06:56

★ 現在、当院には腰痛や関節痛、神経痛の他にガンの患者さんも来られています。

☆ その方々に共通していることは骨盤がゆがみ、背骨がわん曲して、肩の筋肉、首の筋肉が硬直しているということです。

★ そうなると自律神経が失調して睡眠が浅くなります。睡眠が浅くなると疲労が取れなくなり、筋肉や骨と骨をつなきとめる靭帯は硬直度を   増します。この現象は更に骨格のズレを大きくし、固定化させます。

☆ 同時に神経系でも問題が起こります。自律神経失調症と呼ばれる状態です。

★ 心配事で眠りが浅い日が数日続いただけでも体は重ダルくなることがあります。

☆ ましてや慢性的にこの状態が続くと様々な症状が出るようになります。

★ その極まった状態の一つがガンであるのです。

☆ 体が過緊張をおこして、慢性的に疲労している状態では免疫力は低いままです。よってガン細胞の増殖を抑えることはできません。

★ 病気を治すということは、まずは骨格のゆがみを取り除いて、身体をリラックスしている状態に戻すということです。

☆ その為には熟睡できる状態に身体を戻さなければなりません。

★ 薬ではこの目的は達成できません。

☆ ぜひ【骨盤調整法】でリラックスした身体、熟睡できる免疫力の高い身体を取り戻してください。

からだバランス整体院 最新情報
からだバランス整体院 営業時間
ご予約・お問い合わせは0120-706-528